ペットの食事に注意

  • 投稿日:
  • by

ご存知の通り、一緒に暮らしている家族同然のペットも生き物ですから病気をすることもあります。家族が病気になるととても大変ですよね。そのお世話に病院の付き添い、薬を貰いに行ったり...等、支える側もとても大変ですし、時間的にも経済的にもとても大変です。 本当は怖い! 猫・犬の薬と病気について

どれほどの方がしっかりと勉強なさっているのでしょうか。病気にはならない方が良いものです。だからこそ、病気にならないように毎日健康的に過ごしたいものですよね。それにはやはり予防が大切です。

 

犬や猫が病気になる原因はもちろん老化が原因のものもあります。でも動物も人間と同じ生き物であるわけですから、例えば栄養状態が悪かったり、便秘が原因となって病気につながることもあります。そうならないように市販のペットフードは使用バランスを考えて作られています。例えば若い年齢のペットにはその時期に相応しい栄養分が入ったペットフードにされています。考えられていますよね!それに最近では飼い主によってはペット用のサプリメントを加える、という方もいらっしゃいます。ペット用のサプリメントが現在では使われているのですね。ペットを飼っていらっしゃらない方にはもしかすると驚かれることかもしれませんね!

 

また室内で飼育されているペットの場合は、室内でもしっかりと運動できるような環境作りがとても大切です。というのもストレスが病気の原因になることもありますので。動物でもストレスを感じることがあるのです。以外に思われるかもしれませんが!動物のストレス解消のために、例えばケージで飼育されている場合でしたら遊べるおもちゃをケージに入れてみたり、それから嚙むおもちゃを使うのも良いでしょう。嚙むことでストレス解消出来ることもあるそうです。嚙むおもちゃには、例えばボールや骨などが良いかもしれません。骨などはカルシウムやミネラルの補充にも適しています。そのようなおもちゃがペットショップに行けば買えますよ。また動物は普段は自然の中で生きているものですから、自然を感じさせるようなものを入れても良いかもしれません。ペット用の雑草を使うのも良いでしょう。こちらもペットショップで売られています。健康に長生きしてほしいのは人間も動物も同じです。それには普段の生活が大切という事です。

ペットが病気になったら

  • 投稿日:
  • by

人間生きていれば誰でも一生のうちの何回かは病院のお世話になることがあると思います。出産などの良い意味での入院や検診であれば良いのですが、そうではない病気での入院や通院をするということも長い人生のうちにあり得ることだと思います。それは人間も、そして家族の大事な一員であるペットも同じです。ペットの病気、ない事ではありません。ですからペットが病気になったらどうするべきか考えてみましょう

 

ペットがいつもと様子が違う時、あなたならどうしますか?ペットも生き物。病気になることもあれば、けがをすることもあります。そんなときは病院に連れていくのがやはり良いでしょう。ペット用の病院、動物病院に連れていきましょう!ちなみにペットの病気も深刻化する前にササッと病院に連れて行った方が良いですよ。だって、人間には保険がききますが、ペットの診察には保険がききませんからね。深刻化する前に行っておいた方が良いです。

 

ペットが病気になった場合にもう一つ厄介なのがいくら深刻な状況になったとしても動物病院では入院は受け付けていない、というところが多いのです。ペットの入院、なんて確かにあまり聞きませんよね。人が病院に入院するだけでもとても大変なのに、同じように生き物であるペットが入院できないなんて...。でも考えてみれば当たり前の事です。人間が病院に入院する場合は人間しかいませんが、動物病院に来るのはさまざまな種類の動物たち。犬もいれば猫もいる。それに鳥が通院することもあります。そんな動物たちが一緒に同じ病室を使うなんて・・考えてみただけでちょっと面倒くさいですよね、鳴き声がひどそうです...。ですから深刻化する前に、ですね!

ペットが病気になった時に基本的に病院には通院することになります。時間もお金もそして手間もかかるペットの病気。ひどい状態になる前にサッサと病院に行って、そのつらさを取ってあげましょう!

 

 

大事な家族の一員であるペットたち。いないととても寂しいですよね。だからかわいいペットたちには病気にならないように普段からしっかりとケアしてあげましょう。人間と同じようにペットも病気にならないためには予防が大切ですね!

ペットを飼うということ。 寿命は?

  • 投稿日:
  • by

よく一人暮らしの方はペットを飼われますよね。家族が一緒にいなくても、ペットの存在に救われる、なんてことも人生のうちに一度二度はあるのかもしれません。ペットは子供から大人まで広く愛される存在なのです。

 

そんなペット。どの動物を飼うのが良いのでしょうか。

やはり人気なのは犬や猫などの小動物。寿命もそれほど短くないので、家族のような付き合いが出来るのが特徴です。中には子供さんが出来ない夫婦のような場合は本物の家族のように、自分の子供のようにかわいがる方もいらっしゃいます。自分たちが旅行に行く際はペット用のホテルに入れたり、と自分のように可愛がられるそのペットたちは...まさに人間のような扱いを受けています。愛情をかけたくなるのが犬や猫のような小動物です。

 

またマンションにお住まいの方にお勧めなのが小鳥や魚です。小鳥はセキセイインコや文鳥が人気です。長生きすれば10年近くも生きるインコもいるくらい、こちらもペットというか家族のように育てている人もいるでしょう。インコで話すことがない種類のものでも一緒に生活をするうえでだんだんと気持ちがわかるようになったりと、愛情をかければ家族になっていきます。魚の場合はペットというよりも鑑賞用に近いかもしれません。でもしっかりとお世話をしていけばだんだんと手をたたく音でそばに来るようになったりします。魚にもしつけをすることが出来るのですよね。そうなるとだんだんと愛情が生まれてくるものです。魚の寿命は短いのですが、でも手をかけると例えば金魚でも6,7年生きてくれるものもあります。こうなるとペットですよね。

 

ペットを飼うという事はただ単に寂しさを紛らわせる、という意味だけではありません。時にペットは家族のように大切で励まされる存在になったり、何かを世話する楽しさを教えてくれる存在になります。手をければだんだんと愛情を持つ、というもの。ペットを飼うという事はその飼い主に足りないものを補ってくれたり、飼い主の能力を高めてくれる事でもあります。何か毎日の生活に足りないものを感じる...という人はペットを飼って何かの世話をするのが一番だと思います。